ホーム > スポーツ、職場・学校、その他の事故

スポーツ、職場・学校、その他の事故

事故は交通事故だけではありません。

例えば、

  • 野球をしているときにボールがあたって、怪我をした
  • 仕事中、現場で事故が起こり、怪我をした
  • 学校で、お子さんが、他のお子さんとのケンカで、怪我をした

など、色々な事故が考えられます。
当事務所では、交通事故以外の、こうした様々な事故の問題についても、取り扱っていますので、
どうぞお気軽にご相談下さい。

交通事故と違って…

皆さんのご事情に応じて、できる限り人間関係に配慮しながら、 示談交渉などのサポートをさせていただきます。
交通事故と違って~

交通事故ではありませんから、保険会社が対応するケースはほとんどありません。
多くの場合は、加害者と被害者が直接交渉することを余儀なくされます。
ところが、スポーツや職場、学校における事故では、加害者と加害者が、事故後も顔を合わせる可能性が高いという問題があります。
そのような環境で、当事者同士が直接交渉をするとなると、とても気を遣いますし、周囲の目も気になります。
職場であれば転職、学校であれば転校といった事態がちらつくこともありますし、場合によっては、二次被害を受けることさえあり得ます。

そのような負担にお悩みの場合は、どうぞわれわれにご相談下さい。
われわれは、皆さんのご事情に応じて、できる限り人間関係に配慮しながら、示談交渉などのサポートをさせていただきます。
(もちろん、被害者のかただけでなく、加害者のかたのサポートもお受けしています。)
そのほか、交通事故と異なり、通院治療医は誰が負担するのか、示談交渉は誰とするのか、後遺障害はどのように認定されるのか、多額の賠償金を支払ってもらえるのか、など、様々な疑問や不安を持たれる事と思います。
当事務所では、こうした問題に対して、一つ一つ丁寧に対応しておりますので、できる限りお早めに、ご相談下さい。

運動中の事故例

怪我などの被害を受けた方だけでなく、 怪我などをさせてしまった方のサポートも行なっています!

野球、サッカー、スキー、など、スポーツの最中に不幸にも事故が起きてしまうことがあります。

例)スキー中に、ゲレンデの端の見えないくぼみに落ちてしまい、負傷した事例。
スキー場運営者に対し、ゲレンデの管理責任を問い、損害賠償を請求。当初スキー場は管理責任を否定していたが、交渉の結果、損害を賠償してもらうことで示談成立。

学校事故・お子さんの事故例

学校事故の場合には、その学校に通学しているお子さんの 学業や友人関係に悪影響が出ないように 十分な配慮をしながら対応することが肝要です。

例)学校行事としての球技の試合中に観戦中の保護者が負傷。
主催していた学校側の安全管理態勢に落ち度があったため、学校側に責任追及。通学中の子供がいることもあり、子供への影響を配慮し、保護者自らが交渉することを避け、代理人にて交渉をすることに。最終的に円満解決。子供にも影響なし。

学校事故の場合には、その学校に通学しているお子さんの学業や友人関係に悪影響が出ないように十分な配慮をしながら対応することが肝要です。いわゆるモンスターペアレンツのレッテルを張られないような対応が必要です。たとえば、ご本人だけで交渉をなさると、どうしても感情的になってしまうとか、子供への影響が心配、といった場合には、代理人による交渉をすることでスムーズに円満解決できるケースがあります。

裁判例 労災の例1

設計事務所勤務のAが、建物建設に使用する大型鋼材に乗って、大型鋼材の検査を行っていたところ、大型鋼材がぐらつき、足を踏み外し、近くの鋼材で頭を打ち、死亡したという事故が発生した。そこで、鋼材の管理を担当していた建設請負会社と下請会社とに対し、損害賠償を請求する訴訟を提起した。被害者の遺族は、事故発生時の状況、何が起こって死に至ったかの真実を知りたいとの強い気持ちをもっていた。設計者等の専門家から、鋼材の構造や検査の方法などについて聴取したほか、法廷では現場にいた複数の関係者の尋問を行いそのとき何が起きたのかを明らかにするとともに、家族を亡くした遺族にも気持ちを訴えてもらった。その結果、裁判所より和解勧告があり、和解成立。

 

裁判例 労災の例2

ホテルで働いているAさんとBさんが職場でケンカに。
AさんがとBさんが取っ組み合いのケンカになり、AさんがBさんの前歯を折ってしまった。
Bさんは歯医者へ行き、インプラント治療を受け、その治療費を請求。

裁判例 労災の例2

Bさんの前歯はもともと歯の神経が無くわざわざインプラント治療を受ける必要があったのか?

Aさんに殴られたことにより歯が折れてしまったのでインプラントを受ける必要があった。
Aさんに損害賠償請求をしたい。

歯科医師の証言をもとに立証。
Bさんのインプラント治療はAさんに殴られたことによるもので、治療は必要であったことがわかった。