ブログ

2012年10月 3日 水曜日

過失割合も相手の保険会社の言いなりになってしまったという例

人損部分について示談金の提示があったため,弁護士に初めて相談された方についてお話します。

その際,過失割合が相手の保険会社の有利な条件で=自分にとっては不利な条件で合意していると指摘されてしまいました。


相手の保険会社は自社の支払額を少しでも少なくしようと考えている場合があります。
言いなりになるのは危険です!
弁護士に相談するなら,早期に相談しておくことをオススメします。

投稿者 南舘・北川・伊藤法律事務所

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ