ブログ

2012年10月 3日 水曜日

過失割合も相手の保険会社の言いなりになってしまったという例

人損部分について示談金の提示があったため,弁護士に初めて相談された方についてお話します。

その際,過失割合が相手の保険会社の有利な条件で=自分にとっては不利な条件で合意していると指摘されてしまいました。


相手の保険会社は自社の支払額を少しでも少なくしようと考えている場合があります。
言いなりになるのは危険です!
弁護士に相談するなら,早期に相談しておくことをオススメします。

投稿者 南舘・北川・伊藤法律事務所 | 記事URL

2012年10月 3日 水曜日

過失相殺とは?

過失相殺とは、損害賠償責任が発生した時、損害を受けた被害者にも過失(不注意)があった場合、裁判所がこの過失を考慮して、損害賠償の金額を減額することをいいます。

例えば、赤信号の時は止まらなければなりません。また、車を運転する場合には、前方に注意したり、ハンドルやブレーキを確実に操作して、他人に迷惑をかけないように注意する「義務」(安全運転の義務)があります。
この「ルール」や「義務」を守らなかった場合は、その運転には「過失(不注意)」」があったといえます。
居眠り運転、飲酒運転は不注意が原因で起こっているので過失割合が大きいと表現します。


過失割合は、事故状況によって変わるものですから、事故現場で安易な示談をしないようにしましょう。
あとで痛みが出てきたといった時、示談をしてしまえばあとで治療費の請求もできなくなります。
私たちは、過失割合を減らし、相手方へ支払う損害賠償額を減らすお手伝いもしています。

投稿者 南舘・北川・伊藤法律事務所 | 記事URL

2012年10月 3日 水曜日

自動車工学の知識も重要

交通事故の損害賠償請求事件は,高度な医療・保険に加え、自動車工学等に関する幅広い専門知識が必要となります。
重大・難題な事件であるほど依頼する弁護士の力量次第で獲得できる賠償金額も大きく変わります。
「車は急に止まれない」小さい時から耳にしてきた方が多いでしょう。
これを自動車工学の知識を使って当事者の意見が正しいかどうか判断していきます。



例えば、ブレーキをかけた状況について取り上げてみると、走行していた場所はアスファルトの道路であったのか?それとも雨上がりで滑りやすい状況だったのかなどでブレーキをかける速度も変わってきます。
このような状況を元に停止距離や制動距離などを求め正確な状況を出していきます。
自動車工学の知識と的確な判断力が重要となってきます。

投稿者 南舘・北川・伊藤法律事務所 | 記事URL

2012年10月 3日 水曜日

事故現場の確認

事故の原因を追求し、証明していくにはご本人の意見をもとに頭の中だけで解決していくのはとても難しいです。
ご本人の意見をもとに状況を再現していきます。
またたとえ写真をしっかりと残して頂いていても、写真を見ただけでは現地の実際の状況を判断することは難しいです。
また保険会社からの証言も当事者の意見と食い違っていることも多々あります。

事故の状況を忠実に再現をするためには、事故と同じ時間帯でどういう状況であったかという証言を聞いたり、必要に応じて当事者には事故時と同じ服装で現場に来ていただいたり、可能な限り事故状況を再現していきます。
1回で納得できない場合、納得できるまで何度も現地を訪れます。難事件の場合、数回現場へ訪れることもよくあります。

投稿者 南舘・北川・伊藤法律事務所 | 記事URL

2012年1月24日 火曜日

ブログをはじめます。

今後とも宜しくお願いします。

投稿者 南舘・北川・伊藤法律事務所 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2013年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ